So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャークの種類とその方法 [スポーツトレーニング]

img_0.jpg

ジャークとは

ジャークもクイックリフトの一種です。

大きく分けて2種類ありますが、まずはウエイトリフティングの公式種目である「クリーン&ジャーク」について説明します。






クリーン&ジャーク

フォーム

・まずはクリーンの動作をし、バーベルを肩(鎖骨周辺)の位置に乗せ、立ち上がる

・その状態から若干膝を曲げ、腰を落とす

・そこから一気に真上にバーを突き上げ、左右の足を前後に開脚する

・肘を真っすぐ伸ばし、頭上でバーが固定されたら、ゆっくり足を戻す(この上にバーを突き上げる動作をジャークと呼びます)


Point

①ジャークでバーを上に突き上げる際は、上半身で持ち上げようとせず、下半身で地面を蹴った時に生み出される地面反力を使ってバーを浮かせる意識を持つこと。

②クリーン動作もジャーク動作も下半身で力を生み出し、それを上手く上半身に伝える。腕だけで持ち上げようとしない。



▲クリーン&ジャークの参考動画


バックジャーク

フォーム

・スクワットの時のようにバーを担ぐ

・その状態から若干膝を曲げ、腰を落とす

・そこから一気に真上にバーを突き上げ、左右の足を前後に開脚する

・肘を真っすぐ伸ばし、頭上でバーが固定されたら、ゆっくり足を戻す


体の前で行うジャークに対し、バックジャークでは体の後ろ側の筋肉を総動員します。

投げる動作をするスポーツに最適です。

実際に砲丸投げややり投げの選手も頻繁にこのトレーニングを行っています。



▲バックジャークの参考動画




以上がジャークになります。

いずれも地面を強く蹴り、地面反力を上手く使ってバーベルを浮かせます。

決して腕で持ち上げているわけではありません!(というか腕だけではショルダープレスになってしまいます)

正しいやり方をマスターして効果的にワークアウトしましょう!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました