So-net無料ブログ作成

砲丸バック投げ [スポーツトレーニング]

今日は河川敷のある土手のグラウンドに行って砲丸のバック投げをやりました。

砲丸バック投げというのは、砲丸を両手で持ち、投げる方向に背中を向けた状態で、反動をつけて後方に向かって放り投げるトレーニングです。

両足で地面をしっかりと捉え、股関節の伸展と地面反力を利用して投げるのがコツです。

実際はこんな風に投げます。↓





私はこの砲丸バック投げが苦手です。

ウエイトトレーニングの数値からみてももっと飛ぶはずなのに、なかなか飛ばない……。

傾向からすると、砲丸バック投げが飛ぶのはウエイトトレーニングの強さよりも跳躍力やバネの強さの方が関係していると思います。

実際、ウエイトトレーニングは全然強くなくてもジャンプ力のある跳躍の選手の方が遠くまで飛ばせたりします。

競技スポーツをする以上、やみくもにウエイトだけが強くてもダメなんですね。


競技者は筋肥大よりも「運動機能」の向上を優先するべき

ボディビルダーでもない限り、基本的にスポーツ選手は「筋肉を肥大させる」ことよりも「運動機能を高める」トレーニングを優先した方がいいと思います。

もちろん筋肥大させて筋肉の断面積を増やすことで筋力を上げていくことは正しいです。

オフシーズンの初期にそういった筋肥大を促すトレーニングを組み込むことは非常に有効ですが、シーズン中はむしろ筋量を増やすというより「今持っている筋肉を最大限発揮出来るようにするトレーニング」をした方がパフォーマンスに繋がりやすいです。

それはスポーツごとの専門的・技術的トレーニングもそうですし、プライオメトリクス等のジャンプ系メニューや、全身運動のクイックリフト等も効果テキメンです。

しっかりと目的を理解して、自分の取り組むスポーツに相応しいトレーニングを選択することが重要なのです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。