So-net無料ブログ作成
検索選択

好きなことと得意なこと [徒然日記]

bsb-700x400.jpg

「好き」と「得意」のズレ

得意なことと好きなことって、結構な確立で一致しないパターンが多いように思います。


例えば高校野球の場合、毎日野球漬けの日々を送ることになります。

当然、部活動の時間のほとんどが野球の技術練習やチームプレーの繰り返しに充てられるでしょう。


そこで、例えば足がメチャクチャ速い部員がいたとします。

この部員は野球の技術はそれほどでもないので、レギュラーにはなれないと仮定します。

だが、足の速さならどのレギュラーメンバーよりも速いのです。

普段の練習は野球の技術練習ばかりなのに、毎日走っている陸上部よりも速いなんてパターンもあるでしょう。


まあこれを「天性の才能」と言ってしまえばそれまでですが……。

しかし私が言いたいのは、彼が好きなのは「野球」であることに違いないのだが、彼の持つ「足の速さ」は野球以外の舞台の方が輝ける可能性があるということ。

例えば100m走なんかに出場したらかなりいい線までいくかもしれない。


まとめると、本人が「好き」であることと「得意」であることはズレていたり、違う分野であったりすることがかなり多いということです。

自分の可能性を潰さないためにも、まずは得意であることを本気でやってみてはいかかでしょうか。





「好き」なら迷わずそれを選ぶ



PN2013080901001160.-.-.CI0002.jpg

だが、もしかしたらそんなことはどうでもいいのかもしれない。

いくら「得意」でも絶対にそれを選ばなければいけない決まりなんてないし、「好き」なことでもセンスがなければ諦めろ、なんて誰にも言える権利はない。


自分が「得意」であることに気づかないまま生涯を終えることもある。

「好き」なことが「不得意」だったら、人の何倍も努力すればいつかきっと「得意」になる日が来るかもしれない。


「やらないと後悔するな」と思った時点で、それは好きな証拠なのだろう。

それならば得意・不得意関係なく、やってみるべきだ。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました