So-net無料ブログ作成

練習環境は自分で作るもの [徒然日記]

kakogawa.jpg

「練習場所がない」は言い訳にならない

よく「練習環境がないからトレーニングが出来ない」とこぼす選手がいます。

私はやり投げという特殊な種目をやっていたので、練習場所には本当に困らされました。

まず私の大学には一応オールウェザーのレーンがあり(400mトラックではなくL字型であるが)、一見するとかなり設備の良いグラウンドに見えるのですが、レーンの内側は人工芝になっており、サッカーやラグビー、ラクロス等の部活が共用で使用している状況なのです。

人工芝は天然芝と違ってすぐ下がコンクリートになっており、やりを投げたら芝に穴があいて生地を傷つけてしまうため、やり投げの練習は禁止されていました。

また市営の陸上競技場は芝生の養生や危険性から見てやり投げは禁止するといったケースがほとんどなので、投げることはできないのです。

片っ端から電話してやり投げが出来る競技場を探したところ、車で1時間程度の場所にある競技場であれば投げられることが分かっりました。

最初の段階(自分の大学でやりが投げられない)で諦めていたら、おそらく練習にも身が入らなかっただろうし、もしかしたらやり投げ自体を辞めていたかもしれません。

また暇さえあればネットで航空写真の地図を見て、空き地や広場を探し出しては現地まで車で行って、そこで砲丸やケトルベルを投げるトレーニングもしました。

今では練習場所にピッタリの河川敷を見つけ、日々体を追い込んでいます。

自分がやりたいトレーニングがあったら、どんなに時間をかけてでも場所を探し、実行するべきです。

トレーニングのためなら出費もいとわない

私は大学を卒業しても競技を続けるつもりだったが、卒業後に引っ越してしまったため大学のグラウンドを借りて練習をすることが出来なくなりました。

それにより大学の部活の所有物であるやりや砲丸、メディシンボールやケトルベル等が使えなくなったのです。

また大学のウエイトトレーニングルームにも当然通えない。

そうなれば「自腹で器具を買う」までだ!

実家の一室をトレーニング部屋に改造し、バーベルセットやマット、ベンチ台を購入。

またメディシンボールやケトルベル等のトレーニング道具も揃え、今では毎日のように使っています。

もちろん練習用のやりも買いました。

道具をそろえることで練習の幅が広がるだけでなく、気持ちの面でも向上心がアップします。

自分で出したお金なので、道具を大事に使う習慣も付きました。

「コレのためならどんな努力も惜しまない」と思えるようなものに出会ったら、妥協せず自分のやりたいようにやるだけです。

お陰で毎日が楽しくなり、大学時代よりもトレーニングに対する気持ちが強くなりました。

みなさんにもお分かりいただけると嬉しいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。