So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

冬場の寒暖差が人体に及ぼす影響 [健康・ダイエット]

l_2014-12-2_1a6401344de77616940f6080dba80c52.jpg

こんばんは!

昨日は23℃と季節外れの暖かさでしたね。

しかし今日は……午後から非常に寒くなりました。

気象庁のデータを見ると、なんと午後13時には気温が2℃台まで下がっていました。

昨日との寒暖差はおよそ20℃です。

風邪を引いてしまった方も多いのではないでしょうか。

実はこの「寒暖差」が人体に思わぬ影響を及ぼすのです。


寒暖差が与える人体への影響

例えば暖房の効いた暖かい部屋を出て廊下に出た瞬間、外気の温度が急に下がる影響で血圧が急に上がります。

人によっては脳卒中や心筋梗塞につながるケースもあります。

また寒い脱衣所で裸になり、熱いお風呂に急に入ったりすると、今度は急に温まったことで血圧が急降下する。

つまり、冬は温度差が激しい場所を行ったり来たりするため、血圧に大きな負担がかかるのです。

暖房やストーブがない時代にはない人体への影響ですね。






血圧への負担を避ける方法

では、どうしたら血圧の急上昇・急降下を避けられるのでしょうか。
10261735_562de5cb5e8dd.jpg
寝ている途中で起きてトイレに行くときや、庭の掃除など外に出る際は、暖かい上着やマフラーを着用するのがいいと思います。

これなら手軽にできますし、習慣づけば苦にはならないはずです。

また脱衣所で着替えるときは暖房器具を設置して、少しでも暖かい場所と寒い場所の温度差をなくすことが大事でしょう。


話を最初に戻しますが、1日で大幅に気温が下がった時は、外出する際は厚着をすることで急激な寒暖差にも対応できます。

要するに、体感温度を常に一定に保てるように工夫することが重要なのです。

よくお笑い芸人の方が真冬の中で裸になったりして笑いを取ったりしていますが、血圧が急上昇して倒れないかとヒヤヒヤしてしまいます。

人体にとって非常に危険なことですので、どうか控えてほしいものです……。

まあそれはさておき、皆さんも気温の急激な変化に敏感になって、その時その時の状況に合った対策をしていきましょう!




タグ:健康 寒暖差

冬の発汗による体臭の対策法 [健康・ダイエット]

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_m.jpg

冬場の汗は天敵!?

今日は暑かったですね!

この時期なのに気温は何と23℃!

昨日も暑かったですが、今日は更に気温が上がりました。

寒暖差が激しいと体調も崩れやすくなるので、しっかりと管理をしましょう。


こうも気温が上がると体が動かしやすくていいですね。

相変わらず河川敷で練習をしていたのですが、散歩をしたり走ったりしている人がかなり多く見受けられました。

寒くて筋肉が硬直していたものが、気温が上昇することにより血流が良くなって筋肉がほぐれるので、皆さん体を動かしたくなったのでしょう。


今日のように暑い日に運動をすれば自然と汗が出ますが、実はこれ非常にいいことなんです。

冬は夏に比べて汗をかきにくいため、汗腺機能が弱まります。

人間は、汗を出すことによって体内の老廃物(アンモニア、尿素など)を体外に放出する機能があります。

夏場は勝手に汗が出てくるのでいいのですが、汗を排出する量がどうしても少なくなる冬場は体内に老廃物が溜まりやすいのです。

体内に老廃物が溜まるということは、汗のニオイがキツくなることにつながります。


141201.jpg


冬の汗の臭い対策




そう、冬の汗は夏場よりも対策も必要なのです。

男性はあまり気にならないでしょうが、女性からしたら大問題でしょう。

冬場でも頻繁に発汗することで、体内の老廃物の濃度は下がっていきます。

みなさん、冬場こそ汗を流しましょう!

オススメは、外で運動する際はめいっぱい厚着をして運動することです。

いくらメチャクチャきつい運動をしても、薄着では汗が引っ込んじゃいます(笑)

動きにくくても結構、汗をかくためには厚着が重要です。


その他にも岩盤浴やサウナなど、わざわざ寒い思いをしなくても発汗できる方法はあります。

年間を通して汗を流し、内側から健康を作り出していきましょう!


<スポンサードリンク>



クイックリフトの種類と実施方法 [スポーツトレーニング]

sp5-20120712h-miyake01.jpg

クイックリフトの概要

クイックリフトには「スナッチ」「クリーン」「ジャーク」といった種目があります。

これは元々はウエイトリフティングの種目です。

通常の筋トレ(ベンチプレス、スクワット、アームカール等)は筋肉そのものを強くしたり、太くしたりする効果がありますが、このクイックリフトは「全身を効率よく使って爆発的にバーベルを持ち上げる」というもので、スポーツ競技者には最適なトレーニング方法となります。


クイックリフトでは特定の部位の筋肉を太くする作用はありません。

それよりも全身のバネの向上やカラダの使い方が上手くなるという効果があり、現在ではどのスポーツ選手もほぼ確実に行っていると言えるでしょう。

アスリートはただボディビルダーのように筋肉をパンプアップさせてムキムキになっても競技に活かされません。

このクイックリフトをトレーニングメニューに取り入れることで、鍛えた筋力が有効に発揮されるでしょう。

クイックリフトには主に「瞬発力」の向上に効果がありますので、走る・跳ぶ・投げるといった一瞬のパワーが必要な競技すべてに最適です。






クイックリフトの実施方法

クイックリフトには様々な種目がありますが、ここではすべての種目に共通したことを書いていきます。

重量設定

・一般的にはMAXの80~90%の重さが良いとされています。ただ、時には1~2回が限界の重さや、50%程度の重さを使用して変化をつけることも重要です。


回数・セット数

・基本的に5回以上やる必要はありません。あくまでも瞬発力を鍛える種目ですから、息が上がって動作が鈍くなっては効果がありません。

・セット数は3~5くらいが適しています。


休息時間

・セット間の休息時間は長めです。完全に呼吸が戻り、フルパワーを発揮できるようになってから次のセットに入りましょう。目安は3~5分です。


意識の仕方

・最も重要なのは「最大のスピードで挙上する」ことです。手を抜いてゆっくり挙上しても意味がありません。

・あくまでバネを鍛える目的があるので、筋肉を追い込む意識は必要ありません。一回一回の動作スピードを最大にすることを考えましょう。

・腕の筋力を使ってはいけません。腕はただバーを握っているだけで、主に足腰でバーを持ち上げます。これはちょっと難しいので、慣れが必要です。





では、次はそれぞれの種目について詳細を説明していきます。(以下のリンクをクリックして下さい)

スナッチ系

クリーン系

ジャーク系




河川敷での練習 [徒然日記]

d0054276_20453612.jpg

河川敷でトレーニングし放題

近所の河川敷にグラウンドがあります。

そこは普段あまり利用者がいないので自由にトレーニングが出来るのです。

野球場の形をしているのですが、地面はボコボコで草もボサボサな状態。

こういったコンディションの方がこちらとしては気兼ねなくトレーニングが出来るので好都合です(笑)。

そこでダッシュをしたり、円盤や槍を投げたりしています。


またグラウンドの外には整備されていない空き地があり、そこで砲丸やケトルベルなどの重量物を思い切りぶん投げるトレーニングもしています。

今日は少しケトルベルのトレーニングについて触れていきます。


ケトルベルトレーニングの一例

ケトルベルは8kgもあるため、腕だけで投げても全く飛びません。


fitnessshop.jpg
▲これがケトルべルです。


しっかりと足で地面を蹴り、背中~腕へと効率よく力を伝えて投げます。

これにより全身の筋肉の連動性の向上や瞬発力が身に付きます。

あらゆる瞬発系スポーツに有効なトレーニング方法です。

(ちょっと前に琴奨菊関がパーソナルトレーナーの元でケトルベルを使ったトレーニングを行っている様子がニュースで紹介されていましたね)。


私は円盤投が種目なので、ケトルベルを持ってターンして投げたりもしています。

日本選手権覇者の堤選手やリオ五輪ファイナリストのミラノフ選手もケトルベルをターンして投げています。

やり投選手必見!鉄球で振り切り力アップ

またやり投選手に最適な練習方法があります。

中学女子用の砲丸(2.72kg)や鉄球(2~3kg)をやり投げのフォームで思い切り投げるのです。

このトレーニングはスピードよりも筋力向上を狙った目的があります。

ただし、4kgや5kgといった砲丸ではさすがに重すぎます。だいたい2~3kgがちょうど良いでしょう。

このトレーニングの注意点として、必ず正しいやり投げのフォームで投げることが挙げられます。

野球投げで鉄球を投げたら間違いなく一発で肩・肘をぶっ壊しますのでご注意を!(笑)

北京オリンピック金メダリストのアンドレアス・トルキルドセン選手(91m59)は2kgの鉄球で40mほど投げられるとか!

他にも80mを越える選手たちは2kgで35m程度は投げられるようです。

やり投げは下半身で投げる、と言われますが、上半身もそのくらい強くなければ上のレベルには行けないようですね。

くれぐれもケガには注意を!



スポーツ競技者向けのトレーニングとは [スポーツトレーニング]

da22b9d9501a89df13e2a04be87e5e41.jpg

スポーツ競技者が行うべきトレーニング

筋力トレーニングは最大筋力・筋肥大・筋持久力それぞれの目的に合った重量・回数・休憩時間を設け、実施していくことが望まれます。

例えば筋肥大は6~12回が限界の重さを選び、3~5セット実施します。その場合は休憩時間を1分程度に止め、疲労が回復する前に次のセットを始めることで筋肉のパンプアップを狙います。

ボディビルダーは基本的に筋肥大のトレーニングを行いますが、スポーツ競技者の場合は筋肥大ばかりではいけません。

その筋肉を「パワー」として出力に変換し、実際のプレー等で発揮出来るようにするのがトレーニングの目的になります。

そこで、競技スポーツをやっている方が日々のトレーニングに是非取り入れていただきたいのが、「瞬発力・パワー」の向上を狙ったプログラムです。

方法はいくつかありますが、ここではその代表的なものを紹介していきます。
(以下のリンクをクリックすればページが飛びます)

①クイックリフト

②プライオメトリクス

③パワートレーニング




冬季練習は我慢の連続 [徒然日記]

otaru_20150114140857.jpg
競技スポーツは試合に出場して結果を残すことが本質です。

ですがシーズンは一年の間でせいぜい半分くらいしかなく、残り半分はオフシーズンとなります。

例えば野球も冬場はそれぞれの球団で合宿やトレーニングを行い、長い時間をかけてレベルアップを図り、春になって鍛錬の成果を存分に発揮します。


私は円盤投をやっていますが、だいたい10月に試合が終わり、2週間ほど休養を挟んでから冬季練習に入ります。

シーズン中にケガをしていれば、まずは傷ついた体を癒してから冬季練習に取り掛かった方がいいでしょう。

痛みを引きずったまま冬季練習を開始しても、高強度の練習によってどんどん状態が悪化していき、年が明けた頃に大きなケガとなって来シーズンを棒に振る、といった選手を私は何人も見てきています。

ですので、シーズンが終わったらまずは「休む」ことを最優先しましょう。






冬季に入ると、シーズン中は軽々と投げられた飛距離に全く届かないくらいに低迷してしまいます。

「寒いから飛ばないのは当然。春になったらきっと飛ぶはず」

と割り切って考えるしかないのですが、どうにも不安で頭がいっぱいになります。

そこで無理して投げた結果、体を痛めることになるのは私自身も経験済みです。

「今こんな状態じゃ来シーズンが不安でしょうがない」

と考えがちですが、やはり冬季期間は割り切って「情けない自分」を受け入れるしかありません。

冬季練習でしかできないこと、やるべきことをしっかりとこなしていれば、春になって自分でも驚くような成長を遂げているはずです。

焦らず、じっくりと。春を楽しみに待ちましょう。




- | 次の10件